WiibaruのPCハックライフ

PC関連の記事を書いたり書かなかったり…

Windows Server 2016にネットワークドライバをインストールする

Windows Server 2016でネットが使えない!

PCのドライバの多くはインターネットから簡単にダウンロードしてインストールできます。しかしWindows Server 2016で問題なのは、そもそもそのネットにつなぐためのドライバが標準で入っていないということ。つまり、すでにネットにつながっている他のPCで今回必要なネットワークドライバを準備し、それを自作PCにインストールすればいいのです。一度ネットにつながってさえすれば、他のドライバはネットから落とせます。ですが、このネットワークドライバの準備が若干面倒です。

ちなみに、ここではWindows Server 2016 をインストールした直後のPC環境を想定しています。

 

始める前に

今回の方法は以下のブログの記事を参考にしています。

blog.workinghardinit.work

というかほぼ丸パクリです。私の記事はこの英語のブログを日本語に翻訳して説明を追加したり省いたりしているだけなので、英語が読める人はこちらの原文を読んだほうがわかりやすいと思います。画像を見るだけでもだいたいの流れはわかると思います。

 

全体の流れ

1.Ethernet ControllerのHardware IdsのValueを確認(ルー大柴さん?)

2.マザボコンポーネントを確認&それに対応したドライバのダウンロード

3.編集すべきファイルの特定

4.特定したファイルの編集

5.署名なしドライバのインストール設定

6.ドライバのインストール

なんだか難しそうですが、順を追って説明しますので、ある程度のPCスキルがあれば大丈夫です。

 

手順1.デバイスマネージャでドライバの確認

デスクトップ左下隅のWindowsボタンの上で右クリックするとメニューが出てきますが、その中からDevice Managerを開きます。その中のOther Devicesの中で、Ethernet Controllerに黄色い三角の警告マークみたいなのがついていると思います。これは、インターネットドライバがインストールされていないことを意味しています。ここにネットドライバをインストールさせるのが今回の目的です。

f:id:Wiibaru:20170912125507p:plain

 その上で右クリックしてドライバの更新を選び、その後ネットやコンピュータの中からドライバを探す、というのが通常の流れになりますが、今回はそもそもネットにつながっておらず、ドライバの準備もまだこれからなのでできるわけがありません。

代わりに、今後の作業で必要になるハードウェアIDが何かを確認しておきます。まずEthernet Controllerの上で右クリックしてPropertiesを選び、Detailsタブを開きます。その中にあるPropertyの中からHardware Idsを選びます。すると下のようにValueが表示されます。

f:id:Wiibaru:20170912134150p:plain

そのうち一番上に表示されているValue(私の場合はPCI\VEN_8086&DEV_158B&SUBSYS_86721043&REV_31)から、先頭のPCI\と先頭から二番目の&以降を取り除いた文字列をメモ帳などに保存しておきます。私の場合はVEN_8086&DEV_158Bです。

 

手順2.マザボコンポーネントを確認&ドライバダウンロード

 マザーボードNIC(Network Interface Card)が何かを確認します。NICとは、要はネットワークにつなぐためのデバイスで、PCの中に内蔵されています。自作PCの場合は、自分でNICを買って組み込んでいるかもしれません。私は、マザボの箱の表記を確認しました。

f:id:Wiibaru:20170912131510j:plain

私の場合、Intel I219Vと書かれていますね。このドライバを探すため、ネットにつながっている別のPCで"Intel windows 10 NIC drivers download i219v"などでググります。するとおそらく検索結果のトップにIntelのサイトが出てくるので、それを開いて左にあるPROWinx64.exeをダウンロードします。落とせたら、それを解凍ツールを使って解凍します。(.exeファイルですが、実行はしないでください。というかそのままではインストールできません。)すると、PROWinx64というフォルダが生成されます。

 

手順3.編集すべき.infファイルを特定

ここからはまたドライバをインストールするPCでの作業になります。まず先程準備したPROWinx64フォルダを自作PCに移動し、そのフォルダをC:\Users\Administrator\の直下に保存します。(わかりやすければどこでもいいですが、保存場所は覚えておいてください。)次に、Windows PowerShellを開きます。

f:id:Wiibaru:20170912134922p:plain

 ここではLInuxでのターミナルと同様のコマンドが使えるので、cdコマンドを利用してC:\Users\Administrator\PROWinx64\PRO1000\Winx64\NDI65ディレクトリまで移動します。

Linuxのターミナルやコマンドプロンプトを使ったことがない方は何を言ってるかわからないかもしれないですが、とりあえずアップしている画像の通りにやればできるはずです。cd PROWinx64と入力してエンターキーを押すと、今いるディレクトリの中にあるPROWinx64というディレクトリの中に移動できます。それでもわからなければ "コマンドプロンプト 使い方" や "Linux ターミナル コマンド" などでググるといろいろわかりやすいサイトがでてきます。

NDI65ディレクトリまで移動できたら、そこでコマンド Get-ChildItem -Path “C:\Users\Administrator\PRO1000\Winx64\NDIS65” `

-recurse | Select-String -pattern “ven_8086&dev_158B” | group path | select name と入力してエンターを押します。(※注意 : ディレクトリ “C:\Users\Administrator\PRO1000\Winx64\NDIS65” や "ven_8086&dev_158B" の部分は自分の環境に合わせて適宜書き換えてください。また、コマンドが改行されて表示されているかもしれませんが、これは一行で実行するコマンドです。さらに、コマンドが長く間違えやすいうえにコピペが上手くいかないことが多いので、画像を見て書き写すことをおすすめします。特にバッククオート記号(`←これ)や空白は忘れやすいので注意です。)

上手く行けば、下のようにC:\Users\Administrator\PRO1000\Winx64\NDIS65\e1d65x64.infが書き換えるべきファイルであるとPowerShellが教えてくれます。

f:id:Wiibaru:20170912141350p:plain

 次の作業ではこのe1d65x64.infを実際に編集します。

 

手順4.特定した.infファイルの編集

 編集と言ってもある部分を削除&コピペするだけなので難しいことはありませんが、編集する前に拡張子の表示設定を変える必要があります。こちらのサイトを参考に設定してください。これによりファイルの拡張子.infがファイルエクスプローラで表示されるようになります。

qa.nifty.com

設定が終わったら、PowerShellが指定した.infファイルをテキストエディタ(メモ帳でよい)で開きます。

メモ帳ではControlキーとFキーの同時押しで検索ができるので(メモ帳に限りませんが)、そこでControlFlagsと打って検索します。[ControlFlags]と書かれた行が見つかるので、その次の行から[Intel]と書かれた行の前の行までの3行を削除します。

f:id:Wiibaru:20170912144223p:plain

 次に[Intel.NTamd64.10.0.1]で検索して、その下の;で始まる2行より後ろから[Intel.NTamd64.10.0]の前の行までの部分をすべてコピーし、それをそのまま[Intel.NTamd64.10.0]内の記述の最後にペーストして追加します。(※注意 : [Intel.NTamd64.10.0.1]の記述は長いので、すべてコピーできているか確認してください。画像では見切れています。)

f:id:Wiibaru:20170912145743p:plain

 

f:id:Wiibaru:20170912145942p:plain

 ペーストできたら編集は完了です。意外と簡単だったのではないでしょうか。編集した.infファイルは忘れずに保存してください。

これでドライバの準備は完了です。

 

手順5.署名なしドライバのインストール準備

署名なしドライバ(簡単に言うと正式に認証されていないドライバ)は、そのままインストールしようとすると下のようにインストールがブロックされます。

f:id:Wiibaru:20170912151213p:plain

次のサイトを参考にして、署名なしドライバのインストールブロックを解除します。

kokoore.com

インストール後は設定を元に戻しておきましょう。 

 

手順6.ドライバのインストール

手順5での設定が完了して再起動したら、デバイスマネージャを開き、Other DevicesのEthernet Controller上で右クリックしてUpdate driverをクリックします。その中からBrowse my computer for driver softwareを選び、手順4で編集したファイルが入っているフォルダ "C:\Users\Administrator\PRO1000\Winx64\NDIS65" を指定してNextを押します。

f:id:Wiibaru:20170912151956p:plain

f:id:Wiibaru:20170912152044p:plain

f:id:Wiibaru:20170912152154p:plain

ドライバの安全性について警告が出ますが、Install this driver software anywayを選びます。少し待つと…

f:id:Wiibaru:20170912152321p:plain

ついにインストール完了です!お疲れ様でした!

これでインターネットにつながるようになりました。

f:id:Wiibaru:20170912152409p:plain

これ以降、ディスプレイドライバなどはネットからダウンロードしてインストールできるので、基本的なもののみ別の記事で紹介します。

無料でWindows 10を使う(学生限定) - ドライバインストール編 - WiibaruのPCハックライフ

 

無料でWindows 10を使う(学生限定) - ドライバインストール編

前回Windows Server 2016のインストール方法を説明しましたが、今回はその後の初期設定について書きます。前回の記事を見てない方はこちらから↓

pc-hack-life.hatenablog.com

今回何をするのかというと、OSインストール後に必ず必要となるドライバのインストールを行います。

 

ドライバとは?

CD-ROM版だとこんなの↓

f:id:Wiibaru:20170912122458j:plain

そもそもドライバとは何かというと、OSとハードウェアの仲立ちとなるソフトウェアのことです。OSは新しく接続されたデバイスの扱いがわからないことが多いので、ドライバがデバイスの扱い方をOSに教えてくれる、というようなイメージです。

例えばプリンタを利用するときは、通常付属の専用ドライバをインストールすることでプリンタを利用できるようになりますよね。同様に、自作PCにOSを入れたばかりの状態では、ネットワークやディスプレイを利用するためのドライバがWindows標準のものになっていたりそもそも入ってなかったりします。特にディスプレイドライバの場合は見てすぐにわかると思います。OSインストール直後は明らかに解像度や表示がおかしいですよね。それらを改善するためにドライバを自分でインストールする必要があるのです。

 

マザボ付属のドライバ

自作PCの場合、マザーボードに様々なドライバが入ったCD-ROMが付属することが多いので、これをそのままインストールすればいいです。が、これらのドライバの多くはWindows 10 Homeなどの通常版のWindowsしかサポートしていないので、今回のようにサポート対象外のOSを利用する場合に限って手動でのインストールが必要です。なので、まずは付属のドライバが利用できるかどうか試してみましょう。私の場合下のようにServerエディションをサポートしておらず、インストールできませんでした。

f:id:Wiibaru:20170912122311p:plain

 

 結局何すればいいの?

 PCのドライバの多くはインターネットから簡単にダウンロードしてインストールできます。しかしここで問題なのは、そもそもそのネットにつなぐためのドライバが入っていないということ。つまり、すでにネットにつながっている他のPCで今回必要なネットワークドライバを準備し、それを自作PCにインストールすればいいのです。一度ネットにつながってさえすれば、他のドライバはネットから落とせます。ですが、このネットワークドライバの準備が若干面倒です。それさえクリアできれば後は簡単です。

 

ネットワークドライバの準備&インストール

ここが最大の難関というか単に面倒です。説明が長くなってしまったので、このインストール方法については別の記事にしています。↓

pc-hack-life.hatenablog.com

ネットワークドライバのインストールが完了すると、ネットから様々なドライバをダウンロードしてインストールすることができるようになります。以降でその方法を説明します。

 

ディスプレイドライバ

ディスプレイの解像度がめちゃくちゃになっているので、ディスプレイドライバを更新します。これに関しては、しばらくPCを放置しておけば勝手にドライバが更新されたりしますが、手動で行ってもいいです。

f:id:Wiibaru:20170912190056p:plain

Microsoft Basic Display Adapter上で右クリックしてインターネット上のドライバを探します。少し時間がかかります。

f:id:Wiibaru:20170912185656p:plain

 あれ、失敗しましたね。こういうときは再起動してもう一度試したり、時間をおいて再チャレンジしたりしてみましょう。もしかしたらWindowsが勝手にインストールしている途中だったのかもしれません。

f:id:Wiibaru:20170912185700p:plain

はい、できました。解像度が最適化されています。ネットワークドライバに比べると難易度は段違いですね。

 

その他のドライバ

f:id:Wiibaru:20170912190534p:plain

後の作業については、基本的に黄色い三角マークがついているものについて同じ作業を繰り返せばOKです。もし失敗するようであれば、"そのデバイスの名前や型番 + ドライバ"などの検索ワードで検索すればいくらか情報が見つかるでしょう。

また、グラフィックボードなどを搭載している場合は、専用のCD-ROMなどから個別にインストールすることが多いです。

 

番外編 : ドライバ自動更新ツールを使う

最近では、コンピュータ上のデバイスを自動でスキャンして更新が必要なものに関して自動でドライバをダウンロード&インストールしてくれるフリーソフトもあります。

私は使っていませんが、一応紹介しておきます。もしかしたらWindows Serverには対応していないかもしれません。

www.iobit.com

 

終わりに

さて、これでほぼ通常のWindows 10と同じような環境が構築できました。

しかし、今のままではロック解除にctrl+alt+delete、シャットダウンに理由の説明が要る、スリープができないなど使いづらい部分がまだまだです。これらの設定を次回で紹介しますので、ぜひそちらもチェックしてみてください!

 

Windows Server 2016を使いやすくする設定!→準備中

 

 

 

無料でWindows 10を使う方法(学生限定) - インストール編

PCを自作するときにはOSの準備が必須です。Linuxが無料で使えるとは言え、やっぱりWindowsを使いたいという方は多いはず。今回は、Microsoft Imagineという学生限定のサービスを利用して))無料でWindows 10を利用する方法を紹介します。

 

Microsoft Imagineとは

簡単に言うと、プログラミングなどを学びたい学生(高専生・大学生など)向けにMicrosoftが提供している、数々のツールを無料で利用できるサービスです。通常利用しようとすると何万円もかかるような総合開発環境やOSなどを無料で利用できます。

 

本当にWindows 10が無料で使えるの?

結論から言うと、実は純粋なWindows 10はMicrosoft Imagineでは利用できません。が、Windows Server 2016というOSは利用できます。Windows Server 2016はサーバー向けのOSですが、Windows 10をベースに作られているので、プログラムもグラフィックもほぼWindows 10と同じです。最初にドライバの設定をするだけで、通常のWindowsと変わりない利用ができますので、少し敷居は高いですが、少しずつ説明していきます。

 

手順1.アカウント作成&学生認証

Microsoft Imagineを利用するためにはまずアカウント作成と学生であることの証明が必要なのですが、すでにわかりやすい記事を他の方が書かれているので、そちらを参考にしてください。

 

 手順2.OSの選択とダウンロード

認証が完了したら、次はOSをダウンロードします。"ダウンロード"タブからソフトウェアカタログを選び、さらにWindows Server 2016を選択します。(ちなみにここでWindows Embedded 8.1 Industry Pro with Updateを選択するとWindows 8.1が利用できます。こちらのほうがインストール後の設定が簡単なので、8.1でもいいよという方はこちらをおすすめします 。)次の画面では言語とプロダクトバージョンを選ぶのですが、正直普段使いでは3つのどれを選んでも変わりません。私はData Centerにしましたが(ちなみに、私は自分の都合で言語を英語にしています。以後の説明の画像でも英語が表示されていると思いますが、そんなに難しくないので適宜読み替えてください)。

選んだら、ダウンロードです。どのバージョンを選んでも約5.5GBものデータ量になるので、ネット環境にもよりますがかなり時間がかかります。気長に待ちましょう。ちなみに、ダウンロードボタンの下に表示されているGet Key(日本語表示がわかりませんごめんなさい)ボタンを押すと、そのOSのプロダクトキーが表示されます。これは後からでも確認できますが、インストールの際に必要になるので一応メモしておくといいです。

 

手順3.インストールの準備

ダウンロードが終わったら、そのisoファイルをメディアに焼いていきます。DVDに焼いてもいいですが、通常の片面1層DVDの最大容量は約4.7GBなので5.5GBのファイルは書き込めません。なので容量が8GB以上のUSBメモリか外付けHDDに焼くことをおすすめします(もちろん片面2層DVDでもOK)。こちらもわかりやすいサイトがあったので、紹介させていただきます。

USBメモリを持っていない方には、こちらが安くておすすめです。

BUFFALO USB3.0対応 USBメモリ バリューモデル 8GB ブラック RUF3-K8GA-BK/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]

 

 

手順4.インストール

 まっさらなHDDにインストールする場合は、USBメモリを接続してPCを起動すればインストールの画面になります。すでにOSがある場合は、そのOSを起動して、USBメモリ直下のsetup.exeを実行すれば同じ画面になります。もしその既存のOSに上書きする場合は、BIOS画面で起動ディスクの優先順位を設定して起動してください。

OSのクリーンインストールをやったことがなくてよくわからない!という方はググってください(適当)。

とりあえずこんな画面になると思います。

f:id:Wiibaru:20170912043142j:plain

言語、キーボードの設定を行います。

f:id:Wiibaru:20170912043152j:plain

こちらの画面での選択は重要で、どのバージョンを選ぶにしても必ず(Desktop Experience)を選択してください。さもないと、CUIのOS(全部コマンドを入力して動かすOSのこと)になってしまいます。これ以降の設定は通常のWindows OSと変わりませんが、パスワードだけは必ず大文字と小文字のアルファベットを使用しなければいけません。(数字も混ぜないとだめかも。うろ覚えです。)

インストールが完了するとこのようになります。Control、alt、deleteキーを同時押しでロック解除です。これを毎回やるのはめんどくさすぎるので、次回以降で設定を変更します。

f:id:Wiibaru:20170912043851j:plain

 

f:id:Wiibaru:20170912044422p:plain

 起動直後に毎回Server Managerが起動しますが、これも設定で非表示にできます。

Server Managerを閉じると普段見慣れたデスクトップが出てくると思いますが、とりあえずこれでインストールは完了です、お疲れ様でした!

しかし、LANケーブルをつないでいるのにネットワークにつながっていません。実は、Serverエディションではドライバの設定を手動で行う必要があるのです。次回、その方法を紹介しますので、ぜひそちらもチェックしてみてください。それではまた!

ドライバインストール編↓

pc-hack-life.hatenablog.com

 

ネットワークドライバインストール編↓

pc-hack-life.hatenablog.com

 

mspjp.hatenablog.com

Xperia X Compact(F5321) でみおふぉんを使う

少し前の話ですが、3大キャリアの一つであるauからiijmioMNPで移行してみました。その様子を備忘録として残しておきます。

auの通信料高すぎ(*-_-)
今まで契約していたキャリアはDocomoauスマホは白ROMに買い替えたりしましたが、格安simは敷居が高そうで手を出さずにいました。しかし、常に思っていました。「通信料高すぎ...」
スマホ代の分割料金が含まれているとは言え、毎月8,000円近くも請求されています。
これをiijmioのミニマムスタートプランにすると、なんと月額1,600円(税抜き)となります。実に月々6,000円近くの節約になります。これを使わない手はない。


simロックフリースマホの購入
私が昔からXperiaファンというのもあり、今回購入したのはXperia X Compact (F5321)です。日本のAmazonで購入当時約45,000円でした。

コンパクトサイズを求めていたので、最初からこれに決めていました。なお、技適の問題があるので、日本で使用される方は自己責任でお願いします。
このスマホの説明については、他の方のブログでよく紹介されているのでググって見てください。一言で言うと、めちゃくちゃ使いやすいです。


手順0 パッケージ購入
これが少しややこしいのですが、iijmioの新規契約にはパッケージを購入するために初期費用3,000円が必要です。このパッケージ代は申込みの際に支払うのですが、事前にAmazonで購入することもできます。

あらかじめAmazonで購入しておくと安く済む上、その後の申込みの際に必要な手続きが減って楽ちんかと思います。私は前に充電池eneloopを購入した際にキャンペーンで0円で買えたので、ラッキーでした!このパッケージにはsimカードは同梱されておらず、申込みに必要なエントリーコードのみが記載されています。


手順1 MNP予約番号の申込み
現在契約しているキャリアに、MNP予約番号の申請をします。私の場合はauなので、電話で申し込みました。最初に自動応答があり、しばらくするとオペレーターの方に切り替わりました。本人確認、説明などがあり、7分程度で申請が完了。このとき与えられるMNP予約番号をメモしておきます。


手順2 iijmioMNP転入申請
必要なものは本人名義のクレジットカード、本人確認書類、MNP予約番号、そして手順0で購入されている場合は申し込みパッケージです。iijmioのHP↓

音声通話機能付きSIM(みおふぉん) | IIJmio

から申し込みのページへ進んで必要事項を入力していき、最後に本人確認書類の写真を撮ってアップロードします。なお、今回の端末はnano sim対応です。私はアップロードした次の日に本人確認完了のメールが届きました。その後はsimカードが発送されるので、届くのを待ちます。

 

手順3 開通手続き
私の場合はiijmioで申請してから4日後にsimカードが届きました。予想より早くてびっくりしました。

f:id:Wiibaru:20170912024659j:plain

まず、旧機種で手続きの電話をします。これはすべて自動応答サービスで終了しました。この申請後数時間で開通し、以前のsimは使えなくなるとのこと。私の場合は2時間弱で通知のメールが届き、開通しました。

 

手順4 APN設定
ではいよいよsimカードを新しい端末に入れてみます。

f:id:Wiibaru:20170912024704p:plain

この段階ではまだ通信できず、電波も立っていません。では、APNの設定をしていきます。

f:id:Wiibaru:20170912024711p:plain

Settingsを開き、Wireless&networksの中のMoreをタップしMobile networksを選択します。さらにAccess Point Namesを選択してみると、すでに幾つかの設定が読み込まれていました。入力の手間が省けて便利ですね。では、IIJmio(LTE端末)を選択して再起動します。そして..

f:id:Wiibaru:20170912024707p:plain

無事使えるようになりました。通信応答速度はいまいちですが、モードの切り替えにより改善されます。

f:id:Wiibaru:20170912024709p:plain

まとめ
まだ移行したばかりですが、今のところ快適に利用できており、大満足です。simフリー端末と格安simの組み合わせはかなりおすすめなので、試してみてはいかがでしょうか。
また、みおふぉんではプレフィックス番号を電話番号の頭に付与することで通話料が半額になり、さらにそれを自動で行ってくれるアプリが用意されています。その機能についてもまたレビューしたいと思います!